パソコン・インターネット

若い人って・・・・

良く判らんなぁ~~、と言うのがこの数日続いてます。
オンライン上の人付き合いのルールとかモラルと、オフライン上のそれとに明らかに差があるですよ、明らかに。

そりゃ~、オンの方が縁切りやすいだろうし、相手の顔が見えない分、遠慮もクソも無しでマイルールぶちまけることができるんだろうけどね~。
そこが理解できないww

・・・・で、そうやってフォロー外してるくせにこっちのフォローは蹴ってこないとか、ブロックかけてるくせに次の新刊は無料贈呈してきたりとか、ホント、訳判らん・・・・。

| | コメント (2)

【重要】Adobe ReaderやAdobe Flash Playerの脆弱性を突いた新種のウイルスがここ数日で爆発的に感染拡大している模様【警戒中】

以下、情報をもらったサイト様からのコピペ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感染の流れは以下の通り。(某所からのコピペです)

(1)感染してるサイトを閲覧する
(2)自分のパソコンが感染する
(3)その状態でFTPで自分のサイトを更新する
(4)その時にFTPのIDとパスを抜かれる
(5)ウイルスが勝手にHTML、phpファイル等に不正なジャバスクリプトを埋め込む
(6)サイトが感染状態になる
(7)そのサイトを見た人が感染する

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1) どっかの感染している index.html やら index.php やらを持ったサイトを、自分のサイトのコンテンツを FTP で更新する担当の人がアクセスする

2) 担当の人の PC にトロイが侵入する

3) 2) で侵入したトロイは、担当の人がFTPで自分のサイトにアクセスするのを待ち続ける

4) 担当の人が感染した PC から FTP で自分のサイトを更新すると、トロイがその様子をチェックしていて、そのサイトにアクセスしたログイン名とパスワードを盗み取る

5) トロイはしばらくすると自動的に、4) で盗んだパスワードを使ってそのサイトにアクセスし、index.html やら index.php やらをこっそり書き換えて、そのサイトに感染コードを仕込む

5') もしうまく作ってあるトロイなら、ローカルの PC にある自分のサイトに上げるためのファイルのローカルコピーにも、同じ感染コードを仕込むだろう。

6) 1) に戻る

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まとめサイトは こちら   参考サイト   特に同人向け   


※チェック項目をすりぬける亜種が登場しているため、必ず最後まで行ってください。


1)まず sqlsodbc.chm をチェック。

■スタート→検索→ファイルやフォルダ→sqlsodbc.chmを検索。
プロパティ等を開いてファイルサイズ、ファイルの更新日時をチェックします。

◆XPの場合
感染していなければこのファイルのサイズはXPだと約50KB(50,727バイト)、更新日時が日本での感染拡大が確認された今年4月下旬よりずっと以前であれば大丈夫。

◆2000の場合
このファイル自体が存在しないので存在していなければまずOK。ただし、「C:WINNTsystem32sqlsodbc.hlp」は存在するので拡張子を見間違えないように。


感染している場合、ファイルサイズが異常なことになっていたり、更新日時が今年に入ってから、になっていたりします。2000の場合は存在しないはずなのになぜか存在している、という状態になります。
また、このファイルに影響を与えない亜種もすでに出回っているのでここで異常がなかったとしても油断はできません。

2)以下のレジストリをチェックします。なお、レジストリの書き換えはシステムに致命的なダメージを引き起こすことがあるため
絶対に書き換えないように注意して下さい。あくまでも見るだけにとどめましょう。

■スタート→ファイル名を指定して実行→「regedit.exe」と書き込んでOKをクリック→レジストリエディタが起動するはずなので、「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows NT¥CurrentVersion¥Drivers32」まで辿ります
*もしレジストリエディタが起動しなかったら→起動しないのも感染時の症状として報告されています。起動しない場合は感染が疑われます。

*レジストリの辿り方
□で囲われた+マークをクリックすると中に入っているフォルダが下に展開されていきます。上記の¥で区切られている間がフォルダやファイル名になっていますので、順に「HKEY_LOCAL_MACHINE」の+マークをクリックして、下に広がったリストの中から「SOFTWARE」を探し、そこの+マークをクリックしてリストの中から「Microsoft」を探して……という流れになります。頑張って探してください。
「Drivers32」まで来たら、+マークはクリックせずに「Drivers32」の部分をワンクリするとその中身が右側にリストアップされるので、そこを見ていきます。
「名前」「種類」「データ」と区分されているはずですので、「データ」の箇所を上から順に。拡張子が.dll もしくは.drvになっているはずです。もしここにkft.blcなる表示があった場合は感染の疑いが濃厚です。

見終わったあとは右上の×を押して普通に閉じて下さい見るだけにして、くれぐれも不要な箇所に触らないように!)




感染の疑いがあった場合はすぐに
物理的にケーブルを抜いてインターネットへの接続を切って下さい。笑い事ではなく、感染拡大を防ぐために重要なことです
今のところ感染していた場合の対策は
OSのクリーンインストールしかない状態です。クリーンインストールの方法はPCによって違いますので必ずメーカーのサポートを受けて下さい。なお、htmlのデータもウイルス感染を促進するよう改竄されている状態なので、サイトのデータ等は一旦しかるべき方法をとって余計な記述を除去しなければ、バックアップしたデータが感染したままで意味なし……という事になります。(詳しい解説は上記のリンク先を御覧ください)

コードを除去する方法も出ていますので、もし感染していた場合は必ずコード除去を行ってからバックアップをとりましょう。
クリーンインストール後、winのアップデートやファイアウォールのインストール等、最低限の復旧作業が終わったら
パスワードと名のつくものを全て別のものに変更します。パスワードは全てウイルスに盗まれているもの、と思いましょう。(パスワードが盗まれたあと変更しないままだった場合、またネット上のサイトデータがウイルス感染します。ブログサイトだから携帯サイトだから安全、という事は一切ありません

| | コメント (2)

北米版

ひょんなところから「蟲師」の北米版が手に入りました。

  05151

コレでコンプリートBOX。 DVD4枚入りです。

しかし、ココでどうにもならないのがDVDのリージョンコードでして、なまじ北米の正規版なのでリージョンコードはきっちり日本とは異なるわけでして。

リージョンコードが違うと、日本のプレイヤーで再生できないんですね。

 ナラバどーして買っちゃったのかと小一時間・・・。

先ずテレビに接続するプレイヤーはアウト。

パソのプレイヤーは一応リージョンコードの変更は出来るんだけれど回数制限があって、数回変更するとそれ以上変更できなくなる → 日本、アメリカのDVDどちらかが再生できなくなる、と、まぁそういうわけでして。

 

では、DVDをコピーする際にリージョンコードを変更してDVDに焼けないだろうか? と思って、いつも使っているDVD fav HD Decrypter とゆーソフトを使ってやってみたんですよ。

理屈上、このソフトでリージョンコードは突破できるはずなんで。

 

ところがコレができなかったんですよね~。 いや、一応ファイルらしいのは抽出(リッピング)できたんだけど、それを解析して圧縮(2層DVDを1層DVDに焼かないといけないから。 ちなみにこの北米版、DVD1枚に6~7話分を押し込んでるんだわ・・・)する段になって、DVD Shrink が異常終了・・・要するにリッピングに失敗してるの。

何度やっても失敗するんで、調べてみたらこれはどうももうDVDドライブそのものの問題みたいで・・・要するに、リージョンコード変えちゃえって言われたようなもんですわ。

 

コピーガードは解けないし、リージョンコードは引っかかるし、DVDのデータ量は無駄にでかいし・・・。

 

 

一応市販プレイヤーにも、リージョンコードを何度も変更できるヤツとか、各国のDVDどれでも再生できるソフトとか、そういうのもあることはあるんだけれど、プレイヤーはともかく、ソフトはシェアウェアなんだよな~。

フリーソフトでVista仕様で無いかなー、そういうの。

だって、英語を喋るギンコを見たいじゃないか、見たいじゃないか~~!!

 

 

 

    ※一応市販DVDをコピーするのは違法です(w

 

| | コメント (2)

メモリ

ちょっと前の日記で

「Windows Movie Makerが挙動不審だ!」

・・・と日記に書いたところなんですが、ナラバととりあえずはメモリ容量を増やしてみることにしたんですよ。

今までは1G搭載だったんですけど、パソの許容量目一杯・・・といっても2Gなんですが、メモリを買ってきて搭載してみました。

 

080322_2

 

上手いことメモリは2Gに増えてくれたんですが、WMMの挙動不審は全く変わらずでした・・・。

 

なんでやねん!!!!

 

やっぱり扱ってる動画のサイズ、大きすぎるのかしら?

でも、WMM(バージョン6.0)って、あちこちで不具合起こしてるような、そんな話も聞くし・・・。

 

・・・はぁ~~~・・・・・。

 

| | コメント (2)